FACEBOOK History / 201811


Photo Index 201811



20181124

S(9.5-5) bs box with magnets

Sサイズのマグネット仕上げ縦開きのボックス

 

開け閉めしやすいマグネット加工のボックスは、

 

「縦開き」

「横開き」

「横開きカーブ」

 

の順でパーツが増えます

 

3段階で、と思うのですが、

 

KG(ハガキ)サイズのボックスのカーブのテキストの前に、

 

もっと気軽につくれるよう、

Sサイズのボックスであらためてテキストを書くことにしました

 

これは「縦開き」

 

φ9cmガトーマロンも入りますが、、

ひと口サイズの小さなお菓子の詰め合わせの箱です

 

チュイルもかわいくおさまります

 

 

エンボスやレタープレスで質感がよい

箔おしでギフトによい(手にラメのつきにくいの)

ほどよい厚みで貼りやすい、

カラフル過ぎない、

クリスマスのペーパー、

伊東屋さんで久しぶりに見かけました

 


20181121

Coconuts Tuilles

ココナッツ チュイル

 

ココナッツのお菓子シリーズ、チュイルの生地

 

簡単な薄いクッキーが、

ココナッツのおかげで、さらに手軽に、おいしくです

 

小麦粉をふるわなくてよい、

バターを溶かさなくてよい、

グルテンがなくテーブルフォークで混ぜるだけでよい、

生地を寝かせなくてよい

のに、

ナッツ(ココナッツ)のこくがでます

 

オーボンビュータンの缶のクッキーをイメージした、バニラチュイルのアレンジ、

クオカさんの丸いプラスチックケースにジャストです

 

★配合

30x40天パン(裏)、シルパット、シリコンマットラウンド48取(6x8) 各1枚分

 

卵白   45g

(オーガニック)グラニュー糖   45g

ココナッツファイン   23g

ココナッツオイル   大さじ1   (11g)

ココナッツロング(飾り用)   15g

 

ココナッツオイルは、少量で使いやすいココウェルの “ リキッド ココナッツオイル ”

 

飾りのココナッツロングだけでなく、

薄力粉代わりのココナッツファイン、

リキッドタイプのココナッツオイルも使い、ココナッツづくし

 

(ココナッツシュガーだけは、湿気ないよう焼くと焦げ色に見えたので、ここでは不使用)

 

★手順

上から順に直接計量で加えながら、

テーブルフォークで混ぜるだけ

幅広のカードですりこんで型をはずし、ココナッツ飾り

180℃で10分ほど焼く

 

★チュイルの170℃と180℃

刷り込み型を使うときは(隣との間が少ないので180℃)、

広がらないように焼きます

(そうでないときは170℃で)

 

★刷り込み型

シリコンマットラウンド48取は以前Tfoodsで販売されていた刷り込み型。

テンパリングチョコにはいまひとつ(機械的な仕上がり)でしたが、チュイルにはちょうどでした

 

(違う刷り込み型でも、1~2度つくればちょうどの分量が出ると思います)

生地量がちょうどなら、まわりも汚れず楽です

 


20181117

English version Text booklet is now ready to download.

100冊ほどのうちの1冊ですが、英語版ができました

 

One English version of our text booklet is now ready to download as a printable recipe.

100冊ほどのうちの1冊ですが、英語版ができました

下記ではPDFのダウンロードができ、

PDF(印刷も可能な書類)としてご利用いただけます

 

Though this is only one out of about 100 text booklets

written in Japanese.

 

Visit our web site at

https://www.fleurfleur-sweets.com/sample-downloads/

 


20181106

Tarte Tatin φ10cm ( staub ), S, SS

タルトタタン φ10cm ( staub ), S(プリン型サイズ), SS(ミニプリン型サイズ)

 

けっきょくまだベストが撮れませんでしたが、雑記、メモ。

詳細レシピの推敲はまだまだかかりそう

 

 

パイ部分はミルフィーユやパルミエなどと被る部分が多いですが、たいへん素朴なお菓子

 

家庭でつくるなら、パイはなし、りんごに白っぽいバニラアイスなどを添えるほうが、味と色のバランス的にはよい気がします

 

★パイ

今年はパートブリゼSからフィユタージュに変えたものの、焼きが改悪してしまいました。

しっかり焼き色がつくまで焼くのが大切でした (写真4, 5は去年までの写真) 

 

★りんごのボリューム

型のフチまでりんごを詰めた"high" (写真2~5)

アルミホイルからオーブンペーパーにかえても、型の周りが汚れる、食べたときのりんごが多すぎる。重そう。

で、

型の70%以下(小さい型ほど少なめ)でりんごを詰めて焼くことにしました。

型の周りが汚れず、ストレスが減ります (写真1)

 

★りんごの色のポイント

1. キャラメルの焦がし具合 (ここが浅すぎると仕上がりの表面や味がジャムっぽいかも。写真3)

2. りんごの煮あがり具合 (後述)

3. オーブンの温度と時間 (焼き色を足したいなら高温ですが、足したくないなら170℃で十分)

 

の3か所のトータルで、りんごの状態がかわってきます。

1はしっかりめ、2と3はバランス。

2>3ならオーブン内で静か、

2<3ならオーブン内で暴れる、

という感じ

 

りんごの水分を2, 3で飛ばしていく感じ

 

★りんごを煮る

りんごのお菓子全般での注意ですが、サイズ(小さいあかね~普通の紅玉~立派な紅玉)が相当違うのに注意すること

 

径の大きい、厚手の鍋(浅くてよいので浅いほうが洗い物がコンパクト)、

φ21~22cmなら小3こ、φ24cmなら小5こ、など、

少し余裕をもったひと並べまで

 

何度もりんごを煮るときは同じ鍋2つを交互に

 

鍋底が黒っぽいとキャラメルの焦がし具合がよく見えず難しい、ステンレス色のほうが失敗が少ない

 

強火、最初ひっくり返すくらいであまりさわらず

 

どのくらいまで煮るか、

 

きれいだと思った、リンゴの煮を控えた、形がしっかり残っているのは少し水っぽい。オーブンの中でふくれる。

全部きれいなのだと食べるときくずれる。せめて中心は煮崩れたくらいのが必要(写真3)

 

水分がなくなるくらいまで煮ると、しっかりめに火が通り、

りんごの形があまり残っていなく、ラフにしか型に詰められないけれど、

オーブンでもあばれない、食べておいしい 

 

お好みですが

 

★型出し時間

一晩、と思ってきましたが、あら熱がとれて冷蔵庫に入れて、3時間くらいで出すを何度か繰り返しました。

十分でした。

ジャムが冷めるとかたさがでるのと同じイメージ

 

★型出し

冷やした後は湯煎とミニアングルパレットですが、

 

(あら熱が取れる前に外出が必要で)冷蔵庫に入れられずに室温で3時間くらいのは、

なんと湯煎も不要でミニアングルパレットだけでした

 

型のバター塗りも不要で、きれいにはずれました

 

型にくっつくとしたら、それはキャラメルのアメの部分で、

冷えるとかたく、温めると溶ける、

ですね

 

 

 

ほぼ、ジャムと同じ、と数か所で思いました

 

かなり酸味があり、レモン汁をかなり控え、キャラメルのための砂糖を多めにしています。

レモン汁を控えてもかたまりに問題は出ません

 

それでも酸味が強い、素朴なお菓子 

バニラアイスと一緒がよいかなという味です

  

テイクアウトならφ10、アフタヌーンティーならSS

おやつならSにすればプリン型でつくれます

 

キャラメルでりんごをちょっと煮て、

プリン型の半分強まで詰め、

オーブンに入れて焼き足して、

室温で冷ましながら待って、

バニラアイスを添えて、

 

ならずっとつくりやすいでしょうか

 

季節のお菓子として

 


(下記、追記コメントです)

 

チョコの温度変化、バターの温度変化に加えてこれはお砂糖の温度変化のお菓子でしょうか。123のどこかで180~190℃くらいの色をつけるイメージかなと。現状、F*F*では3はおさえたいので、1でと思っています

 

2では、レモン汁、りんごと温度を下げるものが入るので、そのあと再度温度を上げるのは、焦げやすく難しいです