personal Facebook History 201801


20180118

Photo books 8冊、表紙を並べてみました

単純計算で50枚x8 =400枚のお菓子の写真。でもレシピごとの写真ではなくて、撮り直さなくては・・・です


20180115

Facebookのカバー写真を変更しました


20180103

Fleur*Fleur* Online photo book vol.8 公開しました

お菓子の写真、気をつけていることをメモしておきます

 

天気がよい日の日中なら、白いリネンのカーテンで、ほどよく遮光程度ですむのですが、
曇りの日、日がおちてから、夜、は、せっかくつくったお菓子が、ちっともきれいに撮れず、残念に思っていました

ライトはマンフロットの中型ライトを逆光であてることで、昼夜・天気にかかわらず、あるていど撮れることがわかってきました

 

LYKOS バイカラー色温度可変LEDライト  というのです
1年以上前の個人FBに埋もれていますが(教室webページにひっぱりだしたいです)、
バッテリーもビデオ用のように大きなもので、専用充電器も必要なので、けっこうしてしまったのですが、
中型三脚と、ダングル、ディフューザーで、
ライト環境は、ずっとよくなりました

 

フォトショップを使うにも、
色が壊滅的で、
自宅でプリントするときは、
Canon pro10で、なんども印刷しなおせばとても美しく印刷できるようになりましたが、

ナナオの4Kモニタで色をあわせたく、
それで見るととてつもなくきれいな色の世界が広がっているのに、
他のモニタやノートパソコン、iPad、iPhoneなどでみるとまったく色が違って、、、
食べ物だけに、ほんの少しの色味も致命的に感じます・・・

ナナオの色合わせ専用のライトを2箇所で使って確認するようになって、ずっとよくなりました(目にも優しいようです)

 

それでもあとからではどうにもならないのが、構図とピント

構図は何枚かとりながら、基本は手前にピントで奥をぼかす
大事なところにピントをもってきて、
全体を大事にしたいときはF8寄り、背景にしたいときはF3寄り

F8に近くなるほどに、ぶれやすくなります
シャッタースピードが遅いときはほぼぶれています

暗いときや、F8近くでとりたいときは、三脚が必要です

(もちろんISOをあげることでも対処できるのですが、
プリントしたいので、ISOは150までに固定しています
iPhoneなどでは、オートでISOをあげてくれるので、暗くても撮れますが、プリントには向きません。拡大するだけでも画像があれているのがわかります)

ピントは、カメラの液晶モニタでは無理で、

デスクトップ画面につないで確認します。これだけは、撮り直しが効く間のごく短時間にしています

 

印刷するのはadobeRGBにあわせてraw現像、
web用はraw filterで確認、
が最短のようです

ハガキサイズくらいでプリントしなおせるときは、試行錯誤しやすいのですが、一冊単位だと、なかなかです・・・

 

画面上でみえるのは、モニタがいろいろすぎて、色みは不明、
きれいな印刷が、
できれば実物が(食べられるし)、
いちばんきれいです

 

vol.7よりはきれいに撮れたかなですが、vol.9の課題です


20180103

2018 OSECHI: What I love. Making things with my hands and something more

                                                Fleur*Fleur*, Shimizu, Junko
                                                                    January 3, 2018

 

 I like making things with my hands. And I like finding my improvements: make tastier and more beautiful with less time. I usually make pastries and boxes for pasties. Making a lot, taking photos, writing recipes. Then, revising all: adding, changing and refining recipes. Repeating periodically.

 

With less time here means improvement of quality, never means worsening of quality. What is most inefficient and time losing (I think) is hardness of recalling which I didn’t took notes and doing the same mistakes. So, I always take notes and refine the notes as my Detailed Recipe. This cuts time incredibly a lot!

 

Pattern of choosing what to make, I found it easy with setting restrictions of boxes (or dishes). For example, these photos are of Japanese traditional New Year’s dishes, called OSECHI. All I cooked as usual for this year. I make three boxes as follows:

- Box one: Meat and Fish (Proteins)
- Box two: Vegetables
- Box three: Sweets

Processes are the same with pastries and even boxes for pastries.

 

I am so content with myself when something very hard to make was done. In other words, I am happier when I could make what needs years of trial and error (I am NOT satisfied if it’s too easy, even if it’s tasty and beautifully made). Every trial error is important, writing down that, revising that is also important: I call the process by myself , “Data gathering”, “Generalization”, and “Testing the theory”. All these processes I love to do.

 

I like making things with my hands, especially which requires great care (and which usually many people dare not do). And I like finding my improvements: make tastier and more beautiful with less time by using my Detailed Recipes. I will make more pastries and boxes for pasties. Making a lot, taking photos, writing recipes. Then, revising all: adding, changing and refining recipes. Testing the generalization form the years of trial and error data, I feel the processes are so simple, but I need more data, and testing.